最短距離で運転免許証をゲットしよう!

>

運転免許証、どうせ取るなら効率的に!

運転免許の”区分”について

運転免許には大きく分けて「第一種運転免許」「第二種運転免許」「仮運転免許」の3つの区分があります。
「第一種運転免許」は個人が生活の中で自動車やバイクを運転する上で必要な免許のことです。それに対して「第二種運転免許」は、バスやタクシーの運転手など、お客さんを乗せて自動車を運転することで報酬を得る上で必要な免許です。
以上2つの免許は、誰かの監督がなくとも一般の道路上で運転することが認められています。
一方、「仮運転免許」は上記の2つとは異なる、いわば練習用の免許です。
路上で実際に運転して技能を学ぶために、名前の通り「仮」で発行される免許のため、これを持っているからといって道路をひとりで走行することはできません。指導監督者の同乗中のみ運転が認められます。

運転免許の“種類”について

免許によって、運転できる自動車の種類は異なります。
一般的な乗用車(普通自動車・軽自動車)の運転免許は「普通免許」です。皆さんが普段多く見かけるであろう、いわゆる“クルマ”や原動機付自転車の運転に必要な免許で、定員10人以下のバン、荷物を含めて3.5トン以下のトラックも運転できます。
乗用車ではほかに「中型免許」「大型免許」があります。中型は定員11~29人、大型は30人以上の自動車で、普段の生活よりは人や荷物を運搬することを目的とした免許です。
二輪車では「普通二輪免許」と「大型二輪免許」があります。二輪免許は排気量や運転時の操作方法によって細かく免許区分が分かれるため、自分の乗りたいバイクに合わせた選択が必要です。
以上の一般的な乗用車・二輪車に加え、工事車両等を運転するための「特殊免許(小型/大型)」やレッカー車のような自動車を引っ張って移動する自動車のための「けん引免許」も取得できます。


TOPへ戻る