車の運転免許証を取得するには合宿が早い!

最短距離で運転免許証をゲットしよう!

そもそも「運転免許」って?

運転免許は、日本でもっともポピュラーな資格といっても過言ではないでしょう。
老若男女問わず多くの人が運転免許証を取得し、仕事や日常生活での移動手段、さらには趣味の一環として、自動車やバイクの運転に親しんでいます。

都心で生活する中ではそれほど重要ではなく、「若者の車離れ」が取り沙汰されることもありますが、地方では今でも必要不可欠な移動手段です。
また、都心であっても家族が増えればどうしても自動車が欲しくなる場面があります。
そうしたときに、運転免許証さえ持っていれば、自家用車を購入するにしろ、レンタカーやカーシェアリングを利用するにしろ、いつでも自動車を運転することができます。

実用面以外でも、運転免許証が輝く瞬間があります。
それは、身分証明書や本人確認書類の提示を求められたときです。
運転免許証は公的な本人確認書類として扱われます。顔写真がついている分、いまとなっては保険証よりも信頼性のある書類として認知され、パスポートと並ぶ信用をもった本人確認書類となっています。

そんな運転免許証ですが、いざ取得するためには手続きや費用が必要。それに加え、免許取得に足る知識や技能を身につける時間もかかります。場合によっては数ヶ月もの期間が必要になることも。何かと忙しい現代社会、時間のロスはできるだけ避けたいものです。

そこでおすすめなのが、合宿免許。2~3週間の宿泊期間に集中して免許取得を目指せる方法で、空いた時間に観光ができるプランもあり、人気を集めています。
このサイトでは運転免許の基礎的な知識や免許取得の一般的な方法である教習所通学と合宿の特徴を踏まえ、スピーディーな免許取得に合宿をおすすめする理由を解説していきます。

TOPへ戻る